今日のささきさん家~やはり、でした(>_<)。

サブタイトルの「やはり、でした(>_<)」は、

2月下旬から耳が聞えにくくなって、声も出にくくなっていました。

3月9日の自閉さんの診察日のノートによると、

いろいろなストレス(心のストレス)から、耳・声などに症状が出ている状態。

心のストレス→耳のきこえ、声に影響。

・ストレスが減る環境が整えば、よくなってきます。

・その間の互いの負担を減らすために筆談は有効。

と自閉さんの主治医がノートに書いていました。

今日の診察で、先週の火曜日午後から声が全く出なくなってしまい、いまの状態を主治医に書いてもらいました。

〈今の状態の説明〉

・コミュニケーションの障害。(聴覚理解が落ちている。発話が落ちている)。⇒筆記(視覚理解)で補助。ICレコーダー、パソコンで補助。

・ストレスから失声症。

主治医から提案されたのが、

【話す必要性を3段階にわける】

①どうしても話さないといけない場・人

②小声でいいorレコーダー、パソコンを使っていい場・人

③話さなくていい人・場

以上です。

去年の7月から今年の3月、8ヶ月間、強度のストレスになっていました。

線維筋痛症さんの主治医からは、10月の診察から強度のストレスが出ていると言われました。

ただ、神鉄粟生線ブログ駅長のお仕事にはほとんど影響がないんですよ。ブログということで写真を撮って文字を書いていくので「声を出して話をする負担」は少しはあるが負担はさほどかけません。

強度のストレスで、自分の声が出なくなってしまったと言うことですわ。

最近のささきさん家~声が出ないために人との意思疎通が…。

今週の火曜日の午後からグッタリ疲れて、めまいが止まらず、頭痛も出て、耳が痛くて(特に左耳が痛い)、声は聞えるのだが、意味はわからなくなり、声が出なくなりました。

去年の7月から8ヶ月間強度のストレスにさらされていると言われまくった私。

強度のストレスなどが重なって声が出なくなったと言うことですわ。

声が出ても聞き取れるかどうかの小声、しゃがれた声が続いています。声を出すだけでも出し終えたら息がゼェゼェになってグッタリ疲れてしまいます。

やっと、落ち着き始めた頃に、起きてしまった…(T_T)。

ASDの主治医からは

「まずは話さないといけない環境を避けて休むこと。1人で過ごす」と書かれてしまいました。

続けて、

「ダンナ氏とのやりとりなど大丈夫なことだけ、しばらくする。

地域関連のことで大丈夫なら参加。

毎年8月の東への旅は休む」と書かれました。

家族でもこんな調子ですから、人との意思疎通がとることが難しい。

6月下旬まで様子見ますが、元通りの声が出ていないとご当地土産だけ旅立たせることにします。

声が出ることは当たり前じゃなかったんだ。

ただ、神鉄粟生線ブログ駅長のおしごとには影響は出にくいです。音声を使わず、文字&写真を使ってブログを更新して行きますから。

では。

【今日のささきさん家2:今日の私のナリワイ】

午後からダンナ氏の大学の母校でお話をしてきます。

お話すると言ってもダンナ氏がメインなので、私は20分くらいしかお話ししません。

ふきだしpadには:

今日のナリワイ(2016.2.8)

メインはダンナ氏なので、私が話す時間は長くても20分です。

変更があるので15分くらいになることがあります。

「声を出して話をしてきます」

Kana

IMG_0281

以上のことを書いています。

今回のゲストスピーカー企画書を書いたのは私です。夫婦で3本企画書をダンナ氏の大学の母校に提出し、採用されたのが今日のゲストスピーカーです。OBであるダンナ氏をメインにするように書き直しをし、私が書いた企画書はたたき台として残りました。

IMG_0282

昼ご飯を食べて行って来ます。

【ブログ更新】辛い時でもしんどい時でも失意のどん底にあっても、ありがたかったもの。

色々なことが重なった影響で、風邪をひいてしまいました(>_<)。

まだ、声が出にくいときがあります。話すことがしんどくて筆談になってしまうときもあります。

辛い時、しんどい時、失意のどん底にあってもありがたかったものがあります。

心と体がボキバキになってもコレというものがあれば生きていけるということでした。

やはり乗り物が好きなんだぁ。しんちゃん&てつくんが好きなんだなぁ。

生きること=書くことなんだとまたまた実感する私です。

 

しばらくは筆談中心になります。

声が出にくくなってしまいました。声は出るようになって来たのだが、話し終えるとグッタリすることが多いです。

パニックの後に、感情・喜怒哀楽をなくしてしまって。今でも嬉しいやら、悲しいやらの感情がわからなく、涙すら出てきません。

自閉さんの主治医からは「人間としての反応として自分を守るために感情や喜怒哀楽をなくしてしまう」とのことです。

まだ、筆談をしている方が、双方にとって安心、安全という感覚があるのです。自分の頭のフィルターを通すことになるので、これ以上ややこしくなることは少ないです。

万年筆やデスクペンがあるからこれ以上精神的に崩れることはなく。

自然に話せるようになるまで待ちましょうと自閉さんの主治医から言われています。

しばらくは、仕事以外は筆談での会話が中心になるかと思います。

いい話を書きたいのに、書けない。ゴメンm(_ _)m。

今日から再開。

今日から再開しました。

色々ありすぎて疲れなどが出ていることがあります。

今回のホニャララ(あわやダンナ氏が急死する事件に関すること。書きたくないので『ホニャララ』にします)は、自分のどや顔貯金のなさ(低さ)から来る不具合がダンナ氏に出てしまったこととしか書きたくありません。書くことすらアホらしすぎて書きたくないだけ。

一番の薬は、時間、気心が知れた人たち、家しごと、自分とのかかわりです。

とことん、今ある自分の物と向き合い、そぎ落とせる物はそぎ落とす作業の繰り返しが一番の回復だなと。

以上です。

新たなカテゴリーを追加。失職男子の始まり&十一転び十二起きでハハハで開き直るしかない。

今日から新しいカテゴリーを追加しました。

『失職男子~40のハローワークはシビアだぜっ』です。

朝から僕の鬱の症状はひどかった。妻から呼びかけられても頭がボケッとして返事すらできなくなってしまった。そこまで思考低下してしまったみたいだ。妻と話をするのがしんどくなってしまっている。

今の僕の状態だと40のハローワーク顛末記は書けないので、妻の語りで書くことにしよう。

まずは、失職男子の誕生である。

ことの始まりは、僕の最大級の余暇活動であるひとり旅から始まっている。一度目の失職からさかのぼろう。

2014年11月から始まっていた。本格的な転職活動は12月入ってから。今年の1月上旬の間、僕は自分の年齢の数以上の会社(47社くらい)に応募したが、90%は書類審査で落とされた。残りの10%(5社)は1次面接までこぎつけた。が、面接は1次止まり。どこにも本決まり(採用)はなかった。

続く。

ダンナ氏の二度目の失職男子になってから4ヶ月は経つ。

ここまで弱ってしまったダンナ氏。

私も一緒に落ち込んだら即夫婦共倒れ。

ここまで来たら、ハハハでとことん開き直るしかないのでございますのよ。ハハハ。

辛くても生活は休憩はないし、休みはない。待ったなしなのであります。

家しごとは待ってはくれないのです。特に、「食べること」と「寝ること」は待ってはくれない。洗濯しなくても、お風呂入ることができなくても、服を着替えなくても、掃除できなくても1日くらいサボっても影響は出ないのだが、「食べること」と「寝ること」は見事にサボったら影響が出てしまいます。

私は十一転び十二起きでハハハって開き直ります。

家しごと、オタク、頭のおかしさ(正体不明の生き物=鵺)で生きのびます。

ダンナ氏を死なせてたまるか~、ハハハ。

鵺夫人、天下一の悪妻、鬼嫁として開き直って、一期一会、一日一生で生きるだけです。ハハハ。

【結局は…】

あの件のホニャララ事件(事件と言いたいくらいのこと)のその後です。

今でも頭痛はするし、食欲は戻っていると言い切れないし、だるさ、疲れも出ていて、やる気も減っている。件のホニャララを聴くだけで気分が悪くなってしまう。

結局は、私自身は『泣き寝入りをするしかない』です。ダンナ氏は分かりません。→私自身が疲れているので聴き取り理解能力ガクンと落ちている中では自分の分しか理解できない状態です。

自閉さんじゃないASD(急性ストレス性障害)の症状は認められるが、件のホニャララと因果関係が立証になる可能性は難しく、フラフラ状態で使ったとあるツールも因果関係の有力な証拠にはならず、ショックでしたね。

私自身、全く覚えていないのだが、ダンナ氏が書いた記録によると、

『妻は解離性障害になっていると書いています。』

書ける範囲内で書くと、(私自身が)自分の家すら分からなくなって、「ここは自分の家じゃない。(自分の)家に帰る」と言ってとある物だけ持って急に家を飛び出した。その時の妻の記憶はなくなっていた。5分後に記憶が戻ったetc.

「件のホニャララのことは忘れましょう。前に進みましょう」と言われても、今の私の状態では『自分が徘徊してしまう状態』でとても辛い。

怒りの感情、涙の感情などあらゆる感情もなくしました。あまりにも辛いので辛さをなくすと同時に感情も記憶もみんな蓋をしましたと言った方がいいでしょうね。

私自身ひとりで鞆の浦へ2泊3日くらい行くことにしました。精神科の病棟に入院するよりはマシですから。一段落落ち着いたら鞆の浦で転地療養する予定です。2泊3日鞆の浦に使う方が安いので。

今の状態で前に進むのはとてもしんどい。

自分が力をつけていく上でやることリストを書きます。

・身なりは小綺麗にする。自分を大切にする上で。

・できる限り自分のご飯は自分でつくるようにする。食欲が落ちている状態の中で台所に立つ時間が減っている。

・どんな立場の人であろうと、態度はコロコロ&露骨に変えたりしないように心がける。あの件のホニャララで一番にやられてしまったことです。どんな立場の人でも、人や立場によって態度を変える姿を嫌ほど見せつけられたホニャララ事件ですから。

・耳目の学などの勉強をして力をつけること。今回、自分らの力のなさを見せつけられたから。

・これからの人たち&新しい人たちを大切にする。モラハラの原因の1つが『どや顔貯金のなさ』から来ているから。

立ち直る(回復する)には相当時間がかかるかと思います。今の状態では、無理にしてテンションを上げることは難しいです。多分、書き終えたらグッタリするだろうなぁ(汗)。

最後に、「忘れましょう。前向きに」は自分の体&こころにはものすごい負担がかかる今の私ですので、ある程度整理がつくまでは「心遣いはありがたいですが、ごめんなさいm(_ _)m」。

以上です。

 

 

 

 

 

【お誓い】毎日ご機嫌よく暮らすことを選択する

まだ、あの件のホニャララの後遺症(影響ですね)が続いています。

今回もホニャララが多いです。

頓服薬(めまい、バファリンorロキソニン)を飲みながら。

いまだ、めまい、頭痛、食欲がおちる、だるさなどの症状が出ています。ホニャララを聴くだけでも気分が悪いです。固有名詞を言うのも苦痛です。私もストレスを受けているのは確実かな?

あの件のホニャララで潰されるのが嫌なので、自分から『毎日ご機嫌よく暮らすこと』を選ぶをすることにしました。

ダンナ氏は、さかのぼると長期間ホニャララだったので、私よりあの件のホニャララの影響が強く残っています。立ち直っていくのは時間がかかるのは確実です。

せめて、私だけでも、少しずつ『毎日ご機嫌よく暮らすこと』を意識しながら、ホニャララの後遺症(影響)から回復していく方がダンナ氏の回復が早くなっていくのではないか?と。

ホニャララな消化不良は、私たちじゃなく元の主たち(最初にホニャララを出したところ)にお返ししますm(_ _)m。私たち、自分以外のホニャララなところまでの消化不良を引き受けてエネルギーチャージに貢献することはごめんなさいm(_ _)m、なのです。感情などの消化不良は(最初の持ち主である)ご自分たちでやってくださいm(_ _)m、なのです。※これ以上、書く気はない。書いたら体の調子を崩すので。

私は、自分のタスクをこなすことを優先にします。

専門家(自閉さん&線維筋痛症さん)の診察を受けながら、『毎日ご機嫌よく暮らすこと』を大事にすることを忘れずに。

今週、自閉さんの診察がありますから。思考などの交通整理の手伝ってもらいながら、自分の人生、自分たちの人生をつくっていく動きをしていきます。

時には、グダグダになったり休憩しながらだけど。

ハハハって笑い飛ばせるようには、まだ、難しい。

毎日、毎日、少しでもご機嫌よく暮らすことを忘れないように気をつけながら。

しばし、ハハハってだせねぇな(苦笑)。

 

 

 

【番外編】きょりをおくことに…

今回のは、番外編でいまのところ表には詳しく言う気もないし書きたくないくらいのホニャララなこと。書ける範囲内しか書けません。

前に進みたいので辛いけどサラッと書くことにしました。まだ頭痛、吐き気、だるさ、疲れがとれない、食欲が落ちている状態が続いています。

そのホニャララなこと以外、体の調子を崩すことは少ない。ホニャララ関連の話題や場面や固有名詞などに触れたら、生理的に嫌!状態になってまう。

先週、とある(ダンナ氏の)仕事関連のホニャララなことがありまして。見事に体に出てしまいました。

線維筋痛症さんの診察の時に、「体の状態はいかがですか?」と言われる。どこの科の診察でも出てくる言葉です。

「前日にその場面が出てから体の調子が悪い。頭痛、吐き気、だるさ、疲れなどの症状が出ていて、熱も37.5℃(約ね)出ている」と言いました。

仕事ホニャララ関連の話をしていたら、省略(話が長いのと、話以外のとあるツールも使ったので)。

主治医からは「強度のストレスがかかっている。(途中省略)。何らかの手を打つように」と。

強度のストレスがかかったきっかけがたどり着いちゃったらパワハラに、モラハラ。自分たちで整理、資料集め&まとめをしていたら、パワハラ、モラハラ三昧じゃん?です。※ダンナ氏の仕事関連なので私じゃなくダンナ氏の比重が大きいです。が、7分近くも大声場面があって感情丸出しでダンナ氏が謝っているのに追い打ちをかけるような言葉も言うし。これ以上、書きたくもない~。

いろいろな方々に相談をしています。

これ以上、ホニャララなことをしたくないので、まずは(精神的を含む)距離をおくことに…です。

ホニャララに出てこない事柄&人は関係ないので、関係のないことには巻き込ませたくないの(余計な感情は持ち込みたくないの)は今の私の気持ち。

以上。