自分の人生を編集する~パーソナルカラーを受けに行く

今年の3月に、パーソナルカラーを受けに行きました、の感想レポートを何回か分けてBlogにアップします。

※感想レポートを加筆・修正しています。

(プロローグ):私がパーソナルカラーを受けに行こうとした理由。

40歳から本格的におめめどう的生き方&暮らしかたを取り入れた私。

自分の人生の主人公は自分なんですよね。

去年か一昨年くらいから聞いた言葉がありまして、

『自分の人生も編集である』と言う言葉。

「Kanaさん、自分のことや自分の特性をわかっていますね」と言われるだが、

実際のところ、今でも、自分のことはわかっていません。

今でも自分のきもちがわからない時もありますから(^_^;)。

40歳から決めているのが、

『自分の人生の主人公は自分』。

と言うことは、自分の人生も編集することの連続。

自分のことがわかる1つのツールとしてパーソナルカラーを受けようかと思っていました。

パーソナルカラーをじっくり受けようとネットで検索(パーソナルカラー、ウィンターを検索)したら、私の中でヒットしたのがひよひよ先生のBlogでした。

他のサロンも何か所か見ていたのだが、私の中ではしっくりいかなかったり、何か敷居が高くて行くのが…がありました。

早速、問い合わせをしメールでやりとりをしていたらベストカラーを勧められて予約しようとしたところ、私自身の体調が悪くなってそのまま…。

先生のブログは読んでいました。Blogの読者ですね。

今年2月下旬から左耳の調子が悪いので耳鼻咽喉科へ駆け込んだらメニエール病。

突発性難聴は一度治ったら再発はないとのことです。

「行くのは、今でしょ?」と言われているような感じで、今の自分と仲よくするために受けることにしました。

実は、1年先延ばしにしていました(^_^;)。

自分の持ち物を変えることが一番のパワスポと言われているのを知って、自分の持ち物を変えたくなりました。

※私自身はパワスポ巡りは自分の趣味の中には入りません。

使いたいべきところに使いたい。自分の持ち物って、自分の思いどおりにいく数少ないツール。自分の似合う色、柄を知るのは必須。

ただでさえ、私は誤解をされやすい人なので、誤解されやすさを減らすツールの1つとしてパーソナルカラー。

自分の外面と内面のミスマッチングぶりがひどいのもわかっているんだけど、どうしたいいのか?がわかりませんでした。

過去にネットでも診断をしても、ウィンターさん。

派手な色が似合うと言われ、小さい頃は、派手な色って嫌だぁと抵抗をしていました(苦笑)。

知らない間に長持ちしていたものの多くがウィンターさんが得意としている色や柄。

ビタミンカラー、アースカラー、パステルカラーは短命で終わるかお蔵入りしてゴミ箱へ処分するか、でした。

簡単だがパーソナルカラーを受けていました。ウィンターです。自分では納得していました。

似合わない色を見たら気持ち悪くなってしまい、40に入ると、若さと勢いで行けていたのが行けなくなってしまったのが大きいです。

私には、色や柄にまつわる謎がありました。書いたらキリがないのですが、代表的なものを挙げると、

・淡いパステルカラー、レースたっぷり、ふわっとしたもの、小さい水玉を着たら、ギャルと言われたり、会う人が私の姿をみて全員嫌な顔をしていた。

・カメリア色(椿)と黒の組み合わせで出かけたらオシャレですねと言われた。上下を逆にしても同じだった。一見派手そうな格好がオシャレと言われることが多かった。

・全身黒を着ていたら、身長が高くサバを読まれたことがある。ヒールを履いていても165㎝はいかないのに、「背が高いですね。165㎝はあるんですね」と言われたことがあった。ヒールなしでも身長を高く見られることがあった。フラットな靴を履いていても身長より背が高く見られることがある。

・ヘナ染めをしていて、写真を見たら髪の毛がオレンジ色に染まっている部分を見てギョッとした。

続く。

最近のささきさん家~声が出ないために人との意思疎通が…。

今週の火曜日の午後からグッタリ疲れて、めまいが止まらず、頭痛も出て、耳が痛くて(特に左耳が痛い)、声は聞えるのだが、意味はわからなくなり、声が出なくなりました。

去年の7月から8ヶ月間強度のストレスにさらされていると言われまくった私。

強度のストレスなどが重なって声が出なくなったと言うことですわ。

声が出ても聞き取れるかどうかの小声、しゃがれた声が続いています。声を出すだけでも出し終えたら息がゼェゼェになってグッタリ疲れてしまいます。

やっと、落ち着き始めた頃に、起きてしまった…(T_T)。

ASDの主治医からは

「まずは話さないといけない環境を避けて休むこと。1人で過ごす」と書かれてしまいました。

続けて、

「ダンナ氏とのやりとりなど大丈夫なことだけ、しばらくする。

地域関連のことで大丈夫なら参加。

毎年8月の東への旅は休む」と書かれました。

家族でもこんな調子ですから、人との意思疎通がとることが難しい。

6月下旬まで様子見ますが、元通りの声が出ていないとご当地土産だけ旅立たせることにします。

声が出ることは当たり前じゃなかったんだ。

ただ、神鉄粟生線ブログ駅長のおしごとには影響は出にくいです。音声を使わず、文字&写真を使ってブログを更新して行きますから。

では。

【今日のささきさん家2:今日の私のナリワイ】

午後からダンナ氏の大学の母校でお話をしてきます。

お話すると言ってもダンナ氏がメインなので、私は20分くらいしかお話ししません。

ふきだしpadには:

今日のナリワイ(2016.2.8)

メインはダンナ氏なので、私が話す時間は長くても20分です。

変更があるので15分くらいになることがあります。

「声を出して話をしてきます」

Kana

IMG_0281

以上のことを書いています。

今回のゲストスピーカー企画書を書いたのは私です。夫婦で3本企画書をダンナ氏の大学の母校に提出し、採用されたのが今日のゲストスピーカーです。OBであるダンナ氏をメインにするように書き直しをし、私が書いた企画書はたたき台として残りました。

IMG_0282

昼ご飯を食べて行って来ます。

【今日のささきさん家:和暦では今日から2016年(睦月1日)】

和暦では、今日から2016年1月1日です。今日が睦月1日となります。

私自身、巻物カレンダー、手帳(和暦日々是好日)、G Shock(時計)ばかり使っています。

家には、7曜式カレンダーがあるのですが、ほとんど活用していない飾りとなっています。7曜式カレンダーを置いているのは、他のところに行ってもパニクったり(暴言をはくつもりはなかったけど)暴言を言ってしまわないためです。まあ、世間との取引上、7曜式カレンダーの見方を慣れておく必要があるので。※暴言とは、「巻物カレンダーを置かないんですか~?」です。

今日から手帳(和暦日々是好日)も新しくなりました。カバーも赤からネイビーに変えました。

和暦の方が自分のリズムに合っていることが多いです。

P1020988

※左が2015年度、右が2016年度の和暦日々是好日手帳。

P1020989

今日から使っていく和暦日々是好日手帳です。

【今日のささきさん家:ナリワイのお知らせ】

風邪は大分マシになってきました。まだまだ筆談することが多い私です。

ダウン中にいろいろお知らせがありまして。

「電子書籍で共同執筆しました」以外のお仕事(ナリワイ)関係のお知らせです。

明日(2016年2月8日)、ダンナ氏の母校(大学)でゲストスピーカー(講演)してきます。メインはダンナ氏です。私はほんのちょこっとお話しします。仕事なので、全部筆談ではなく『声』をだして話してきます。

年末に、夫婦揃ってジョイント出演した某DVDが届きました。まだ、某DVDを表に出せるのかどうかわかりませんが、一応、お知らせです。

しばらくは筆談中心になります。

声が出にくくなってしまいました。声は出るようになって来たのだが、話し終えるとグッタリすることが多いです。

パニックの後に、感情・喜怒哀楽をなくしてしまって。今でも嬉しいやら、悲しいやらの感情がわからなく、涙すら出てきません。

自閉さんの主治医からは「人間としての反応として自分を守るために感情や喜怒哀楽をなくしてしまう」とのことです。

まだ、筆談をしている方が、双方にとって安心、安全という感覚があるのです。自分の頭のフィルターを通すことになるので、これ以上ややこしくなることは少ないです。

万年筆やデスクペンがあるからこれ以上精神的に崩れることはなく。

自然に話せるようになるまで待ちましょうと自閉さんの主治医から言われています。

しばらくは、仕事以外は筆談での会話が中心になるかと思います。

いい話を書きたいのに、書けない。ゴメンm(_ _)m。

【お仕事ネタ:講演の仕事の7割~8割は、ホニャララである】

お仕事ネタを書きます。

ただいま、11月29日の講演に向けていろいろと準備をしています。

講演以外にも家しごとがあったり、ダンナ氏のことなど同時に進めていることもあります。今の私としてはマルチタスクだらけで少しばかり疲れが強く出ています。かと言って優先順位が上になっている項目があります。どの部分を少々優先順位を下げて行ったらいいのか?をアナログであるカクノさん(万年筆)やデジタルを活用しないととんでもないことになってしまう場合があります。

タイトルに書いた「今回の講演の仕事の7割~8割は、『ホニャララ』である」の『ホニャララ』って何でしょうか?

答えは、『ザッツ・雑務』。

『ホニャララ』部分を変えたら、「今回の講演の仕事の7割~8割は、『ザッツ・雑務』である」、なのです。

皆様の前で出てお話しするのが「講演の仕事」ではありません。

レジュメ原稿作成、会場までの往復の交通&宿泊の手配、書籍販売の準備&手配、(公開できる範囲内での)申込者状況の確認、事前質問チェック、講演に向けて体調を整える、などなど。

【済んでいるorほぼ済んでいる状態】

・会場までの往復の交通&宿泊の手配。

・書籍販売の準備&手配はほぼ済んでいる状態(先方様がOKですよなら、『済』になる)。

・会場までの交通ルートの確認。

【済んでいるまで一押しが必要:大体50~60%済んでいる状態】

・レジュメ原稿作成(私のみ)

・事前質問の答えを考える。※すでに事前質問をいただいている場合のみ。

【行く直前or当日でないとわからないことetc.】

・自分の体調を整えることの継続。※当日まで続きます。

・最終的な事前質問の確認。※当日にならないとわからないことがあります。

・当日の参加者の数。※会場に行かないとわからない部分です。

以上。

いろいろな事務作業もありまして。

会場までの交通&宿泊の手配、書籍販売の準備手配は、講師の仕事になってしまう場合があります。会場までの交通&宿泊の手配は主催者(依頼者)が手配するところもあります。今回は、私たち夫婦で交通&宿泊の手配をしました。主催者に今回の講演の交通費&宿泊費はどれくらいかかるのか?を調べて、おおよそこれくらいかかりますという内容のメールを送りました。こう言うことをするのも『仕事の範囲内』です。

あと、講演が終わってからも仕事があります。「御礼メールを書く」と言う仕事で、事務作業ですよ。

講師の先生が事務作業をするの?って驚く人もいますが、『ザッツ・雑務』の中に事務作業をするという仕事が入っているのです。

寄稿などを含む著述も講師の仕事の中身はほぼ同じです。違うのは、「文章だけを書くこと」と「人前に出てお話をすること」くらいでしょう。

自分のレジュメ原稿作成を『済んでいる』に上げるようにします。

ではでは。

【ひとくぎり、その後】

出版契約書を見ながら、絶版だったらどうなるのか?を調べていました。

出版契約書ってわかりにくい(^_^;)

ホンマに絶版しているのかどうか?を見ようと、出版社のHPから拙著を検索したら、拙著が出てきてまだ注文できるとのこと。

息長く続いていることに「びっくりぽん!」。

http://www.php.co.jp/family/detail.php?id=79280

『購入する』のアイコンをクリックしたら、

http://www.php.co.jp/cart/?add[manabica][79280]=1

が、出てきます。

ホンマに『購入できません』だったら、トップ画像を変える必要があります。

今のところですが、ほんまにすみませんm(_ _)m。

 

 

【残念なお知らせ】拙著、絶版のお知らせ

残念なお知らせです。

拙著「これって、大人の発達障害?」(PHP研究所刊)が絶版していました。

絶版していると言うことで、近いうちに当ブログのトップ画像も変えることになる予定です。

初版の発売から4年以上経っているので、絶版になっているのでは?と思っていました。

去年の12月で第8刷目が最後の増刷でした。

第8刷まで続いていたのは、このご時世ではありがたいことです。

4年以上ありがとうございました(感謝)。

入れ替わりになるかもしれませんが、今月29日に向けて私のミニ自叙伝をまとめた小冊子がまもなく完成し届く予定です。リトルプレスになるでしょうね。

では。

 

【結局は…】

あの件のホニャララ事件(事件と言いたいくらいのこと)のその後です。

今でも頭痛はするし、食欲は戻っていると言い切れないし、だるさ、疲れも出ていて、やる気も減っている。件のホニャララを聴くだけで気分が悪くなってしまう。

結局は、私自身は『泣き寝入りをするしかない』です。ダンナ氏は分かりません。→私自身が疲れているので聴き取り理解能力ガクンと落ちている中では自分の分しか理解できない状態です。

自閉さんじゃないASD(急性ストレス性障害)の症状は認められるが、件のホニャララと因果関係が立証になる可能性は難しく、フラフラ状態で使ったとあるツールも因果関係の有力な証拠にはならず、ショックでしたね。

私自身、全く覚えていないのだが、ダンナ氏が書いた記録によると、

『妻は解離性障害になっていると書いています。』

書ける範囲内で書くと、(私自身が)自分の家すら分からなくなって、「ここは自分の家じゃない。(自分の)家に帰る」と言ってとある物だけ持って急に家を飛び出した。その時の妻の記憶はなくなっていた。5分後に記憶が戻ったetc.

「件のホニャララのことは忘れましょう。前に進みましょう」と言われても、今の私の状態では『自分が徘徊してしまう状態』でとても辛い。

怒りの感情、涙の感情などあらゆる感情もなくしました。あまりにも辛いので辛さをなくすと同時に感情も記憶もみんな蓋をしましたと言った方がいいでしょうね。

私自身ひとりで鞆の浦へ2泊3日くらい行くことにしました。精神科の病棟に入院するよりはマシですから。一段落落ち着いたら鞆の浦で転地療養する予定です。2泊3日鞆の浦に使う方が安いので。

今の状態で前に進むのはとてもしんどい。

自分が力をつけていく上でやることリストを書きます。

・身なりは小綺麗にする。自分を大切にする上で。

・できる限り自分のご飯は自分でつくるようにする。食欲が落ちている状態の中で台所に立つ時間が減っている。

・どんな立場の人であろうと、態度はコロコロ&露骨に変えたりしないように心がける。あの件のホニャララで一番にやられてしまったことです。どんな立場の人でも、人や立場によって態度を変える姿を嫌ほど見せつけられたホニャララ事件ですから。

・耳目の学などの勉強をして力をつけること。今回、自分らの力のなさを見せつけられたから。

・これからの人たち&新しい人たちを大切にする。モラハラの原因の1つが『どや顔貯金のなさ』から来ているから。

立ち直る(回復する)には相当時間がかかるかと思います。今の状態では、無理にしてテンションを上げることは難しいです。多分、書き終えたらグッタリするだろうなぁ(汗)。

最後に、「忘れましょう。前向きに」は自分の体&こころにはものすごい負担がかかる今の私ですので、ある程度整理がつくまでは「心遣いはありがたいですが、ごめんなさいm(_ _)m」。

以上です。