今日のささきさん家~やはり、でした(>_<)。

サブタイトルの「やはり、でした(>_<)」は、

2月下旬から耳が聞えにくくなって、声も出にくくなっていました。

3月9日の自閉さんの診察日のノートによると、

いろいろなストレス(心のストレス)から、耳・声などに症状が出ている状態。

心のストレス→耳のきこえ、声に影響。

・ストレスが減る環境が整えば、よくなってきます。

・その間の互いの負担を減らすために筆談は有効。

と自閉さんの主治医がノートに書いていました。

今日の診察で、先週の火曜日午後から声が全く出なくなってしまい、いまの状態を主治医に書いてもらいました。

〈今の状態の説明〉

・コミュニケーションの障害。(聴覚理解が落ちている。発話が落ちている)。⇒筆記(視覚理解)で補助。ICレコーダー、パソコンで補助。

・ストレスから失声症。

主治医から提案されたのが、

【話す必要性を3段階にわける】

①どうしても話さないといけない場・人

②小声でいいorレコーダー、パソコンを使っていい場・人

③話さなくていい人・場

以上です。

去年の7月から今年の3月、8ヶ月間、強度のストレスになっていました。

線維筋痛症さんの主治医からは、10月の診察から強度のストレスが出ていると言われました。

ただ、神鉄粟生線ブログ駅長のお仕事にはほとんど影響がないんですよ。ブログということで写真を撮って文字を書いていくので「声を出して話をする負担」は少しはあるが負担はさほどかけません。

強度のストレスで、自分の声が出なくなってしまったと言うことですわ。

【今日のささきさん家2:今日の私のナリワイ】

午後からダンナ氏の大学の母校でお話をしてきます。

お話すると言ってもダンナ氏がメインなので、私は20分くらいしかお話ししません。

ふきだしpadには:

今日のナリワイ(2016.2.8)

メインはダンナ氏なので、私が話す時間は長くても20分です。

変更があるので15分くらいになることがあります。

「声を出して話をしてきます」

Kana

IMG_0281

以上のことを書いています。

今回のゲストスピーカー企画書を書いたのは私です。夫婦で3本企画書をダンナ氏の大学の母校に提出し、採用されたのが今日のゲストスピーカーです。OBであるダンナ氏をメインにするように書き直しをし、私が書いた企画書はたたき台として残りました。

IMG_0282

昼ご飯を食べて行って来ます。

【今日のささきさん家:和暦では今日から2016年(睦月1日)】

和暦では、今日から2016年1月1日です。今日が睦月1日となります。

私自身、巻物カレンダー、手帳(和暦日々是好日)、G Shock(時計)ばかり使っています。

家には、7曜式カレンダーがあるのですが、ほとんど活用していない飾りとなっています。7曜式カレンダーを置いているのは、他のところに行ってもパニクったり(暴言をはくつもりはなかったけど)暴言を言ってしまわないためです。まあ、世間との取引上、7曜式カレンダーの見方を慣れておく必要があるので。※暴言とは、「巻物カレンダーを置かないんですか~?」です。

今日から手帳(和暦日々是好日)も新しくなりました。カバーも赤からネイビーに変えました。

和暦の方が自分のリズムに合っていることが多いです。

P1020988

※左が2015年度、右が2016年度の和暦日々是好日手帳。

P1020989

今日から使っていく和暦日々是好日手帳です。

【今日のささきさん家:ナリワイのお知らせ】

風邪は大分マシになってきました。まだまだ筆談することが多い私です。

ダウン中にいろいろお知らせがありまして。

「電子書籍で共同執筆しました」以外のお仕事(ナリワイ)関係のお知らせです。

明日(2016年2月8日)、ダンナ氏の母校(大学)でゲストスピーカー(講演)してきます。メインはダンナ氏です。私はほんのちょこっとお話しします。仕事なので、全部筆談ではなく『声』をだして話してきます。

年末に、夫婦揃ってジョイント出演した某DVDが届きました。まだ、某DVDを表に出せるのかどうかわかりませんが、一応、お知らせです。

新たなカテゴリーを追加。失職男子の始まり&十一転び十二起きでハハハで開き直るしかない。

今日から新しいカテゴリーを追加しました。

『失職男子~40のハローワークはシビアだぜっ』です。

朝から僕の鬱の症状はひどかった。妻から呼びかけられても頭がボケッとして返事すらできなくなってしまった。そこまで思考低下してしまったみたいだ。妻と話をするのがしんどくなってしまっている。

今の僕の状態だと40のハローワーク顛末記は書けないので、妻の語りで書くことにしよう。

まずは、失職男子の誕生である。

ことの始まりは、僕の最大級の余暇活動であるひとり旅から始まっている。一度目の失職からさかのぼろう。

2014年11月から始まっていた。本格的な転職活動は12月入ってから。今年の1月上旬の間、僕は自分の年齢の数以上の会社(47社くらい)に応募したが、90%は書類審査で落とされた。残りの10%(5社)は1次面接までこぎつけた。が、面接は1次止まり。どこにも本決まり(採用)はなかった。

続く。

ダンナ氏の二度目の失職男子になってから4ヶ月は経つ。

ここまで弱ってしまったダンナ氏。

私も一緒に落ち込んだら即夫婦共倒れ。

ここまで来たら、ハハハでとことん開き直るしかないのでございますのよ。ハハハ。

辛くても生活は休憩はないし、休みはない。待ったなしなのであります。

家しごとは待ってはくれないのです。特に、「食べること」と「寝ること」は待ってはくれない。洗濯しなくても、お風呂入ることができなくても、服を着替えなくても、掃除できなくても1日くらいサボっても影響は出ないのだが、「食べること」と「寝ること」は見事にサボったら影響が出てしまいます。

私は十一転び十二起きでハハハって開き直ります。

家しごと、オタク、頭のおかしさ(正体不明の生き物=鵺)で生きのびます。

ダンナ氏を死なせてたまるか~、ハハハ。

鵺夫人、天下一の悪妻、鬼嫁として開き直って、一期一会、一日一生で生きるだけです。ハハハ。

【結局は…】

あの件のホニャララ事件(事件と言いたいくらいのこと)のその後です。

今でも頭痛はするし、食欲は戻っていると言い切れないし、だるさ、疲れも出ていて、やる気も減っている。件のホニャララを聴くだけで気分が悪くなってしまう。

結局は、私自身は『泣き寝入りをするしかない』です。ダンナ氏は分かりません。→私自身が疲れているので聴き取り理解能力ガクンと落ちている中では自分の分しか理解できない状態です。

自閉さんじゃないASD(急性ストレス性障害)の症状は認められるが、件のホニャララと因果関係が立証になる可能性は難しく、フラフラ状態で使ったとあるツールも因果関係の有力な証拠にはならず、ショックでしたね。

私自身、全く覚えていないのだが、ダンナ氏が書いた記録によると、

『妻は解離性障害になっていると書いています。』

書ける範囲内で書くと、(私自身が)自分の家すら分からなくなって、「ここは自分の家じゃない。(自分の)家に帰る」と言ってとある物だけ持って急に家を飛び出した。その時の妻の記憶はなくなっていた。5分後に記憶が戻ったetc.

「件のホニャララのことは忘れましょう。前に進みましょう」と言われても、今の私の状態では『自分が徘徊してしまう状態』でとても辛い。

怒りの感情、涙の感情などあらゆる感情もなくしました。あまりにも辛いので辛さをなくすと同時に感情も記憶もみんな蓋をしましたと言った方がいいでしょうね。

私自身ひとりで鞆の浦へ2泊3日くらい行くことにしました。精神科の病棟に入院するよりはマシですから。一段落落ち着いたら鞆の浦で転地療養する予定です。2泊3日鞆の浦に使う方が安いので。

今の状態で前に進むのはとてもしんどい。

自分が力をつけていく上でやることリストを書きます。

・身なりは小綺麗にする。自分を大切にする上で。

・できる限り自分のご飯は自分でつくるようにする。食欲が落ちている状態の中で台所に立つ時間が減っている。

・どんな立場の人であろうと、態度はコロコロ&露骨に変えたりしないように心がける。あの件のホニャララで一番にやられてしまったことです。どんな立場の人でも、人や立場によって態度を変える姿を嫌ほど見せつけられたホニャララ事件ですから。

・耳目の学などの勉強をして力をつけること。今回、自分らの力のなさを見せつけられたから。

・これからの人たち&新しい人たちを大切にする。モラハラの原因の1つが『どや顔貯金のなさ』から来ているから。

立ち直る(回復する)には相当時間がかかるかと思います。今の状態では、無理にしてテンションを上げることは難しいです。多分、書き終えたらグッタリするだろうなぁ(汗)。

最後に、「忘れましょう。前向きに」は自分の体&こころにはものすごい負担がかかる今の私ですので、ある程度整理がつくまでは「心遣いはありがたいですが、ごめんなさいm(_ _)m」。

以上です。

 

 

 

 

 

ラク(途中省略)は鬼門と21世紀から逆に戻っていくわたくし…。

昨日までのだるさからある程度は回復してきました。

自分のご飯まで自動ドア、途中省略が多すぎると体調にも影響が出てきました。

合い言葉『ラクは鬼門!』を忘れないように。

ただ、体調がよほど悪いときは、手抜きでも何か口に入れることが大切なので、インスタントものに頼ることがあります。

自分ができることまでラクをすることが『鬼門!』なのでございます。途中省略、自動ドアがよけいに回り道だと言うこと。近道だと思ったら遠回りになってしまったり逆にいらんコストがついてしまったり、なんです。

自分の暮らしをおざなりにしないように、気をつけないとね(^_-)。

どうも今の方々とは、違うベクトルに行っているわたくし。

今年の夏、過度にクーラーを使いすぎないことにしています。電車やバスに乗っていたら、クーラーが効きすぎてストールを羽織っても車内は冷えを感じ、下車したら暑く感じて体が変化になれていかないことが増え始めています。クーラー(冷房)なしで夏を乗り切ることを考えています。

家でナリワイをしていたら、携帯電話を使うことがガクンと減っています。たまに外に出たときに連絡することがあるので格安スマホにしました。携帯電話なしで暮らせていけるかどうかやってみようかと。

タブレット(iPadミニ)に替えました。家の中では使っているのか?と言うたら使っていないことがある。ちょこっとした買い物に行っていても使っていない。

ICTを使って社会参加のはずが、アナログ&デジタル(クラシック&モダン)の鵺ミックスへと変わっています。FAXは必要なので家の電話はアナログじゃないんですよね。必要に応じている訳なのよ。

ダンナ氏にまた皮肉られそうな私の暮らし方です(^_^;)。

お疲れのときは、「たなおろし」をする。

梅雨の影響で、体がお疲れになっています(^_^;)。

こういうときは、「たなおろし」が一番よろしくて。

自分のモノの整理もありますし。

家しごとをした方がまだ体の崩れ方はマシですね。

梅雨が明けるまでは、だるさなどは続きます。

 

ダンナ氏からの一言:「自閉さん度下がったんじゃない?」

最近、ダンナ氏から「加奈さんの自閉さん度下がったんじゃない?」と言われました。

「えっ? 自閉さん度逆に上がっていますよ」と言ったわたくし。

自分の自閉さん度、右肩上がりに上がっています。

人間で酔っ払いまくるので自分の実家には戻るのは難しく、月に1回程度神戸市内(三ノ宮、元町周辺)に出るのが精一杯。家に戻ったらグッタリ疲れてしまって寝込んでいる時が増えています。

自分の中では、線引き&取引をしている訳でして。

二次障害、三次障害は出にくくなっているから、自閉さん度が下がっているように見えているだけ。

「暮らしっく」とブログタイトルにしているのは、自分の家しごとは昔の暮らし方を取り入れているから暮らしとクラシックを掛け合わせています。

保存食つくり(佃煮、即席漬け、塩豚、塩鶏、魚のグリル焼など)に勤しんだり、野菜を干したり(梅雨の時期は難しいので梅雨が明けてから)しています。

家しごとをしていたら、二次障害、三次障害でウワァ~となる回数は減っています。

あと、自分で選んでいるから。ひと手間ふた手間をかけることが好きだから。今の自分にとって途中省略は『鬼門』ですから。

どういう状況になろうが、人間生きている限り「自分とのかかわり」は減らないし、生活することは避けて通れない。生活することを楽しんじゃえ!に持って行った方がいいんです。

自閉さん度が下がったように見えるのは、何でもかんでも途中省略をしない、できることまで外注をしない、、ひと手間ふた手間かける暮らしをしているおかげで二次障害、三次障害の回数が減っていると言うことなのです。

上げ膳据え膳を求めることを手放したことも大きいですけど。

現代の方々とは、ベクトルが逆に行っているところがございますの。家しごとができていたら余計な不安になる必要がない。両手が使える、両足が使える、工夫する知恵力があって、家しごとをこなせたらどこへ行っても生き延びられそうな気がします。

今日最後の日なら、明日最後の日ですと言われることを想定していたら、家しごとをこなしたい時間が欲しいことを優先にしているいたずらに不安に陥る時間はないんですもの。

1日1日生きるだけ。しぶとく生きるだけですわ。

ささきさんの冬の生活工夫。冬に欠かせないモノたち。

Facebookでアップしたのをブログで加筆修正しました。

なんか、今年、暖冬のはずだったような…(>_<)。

私の冬は重装備です。夏よりも冬の方が小物が多くなります。小物の割合が右肩上がりに上がっています。

今日からからコート、カシミア&ウールのカーディガン、セーターが初登場します。ウールのスカートも登場します。

すでにウールワンピース、レッグウォーマーは出しています。長いレッグウォーマーも本格的に活動します。

ワンピースですごしているわたくしが、冬はウールのスカートを着ることがあります。

ささきさんの冬のすごし方として、

体を冷やさないこと!に尽きます。手首、足首、首、頭を冷やさないようにと線維筋痛症さんの主治医から言われています。

・関節を冷やさないように。手首にはは手袋、足首にはレッグウォーマー、首にはマフラー&ストール&スカーフ、頭(髪の毛)には帽子をということです。

・タイツ、シルク入りストッキングは必須。人によっては、レギンスでもいいかと思います。

・靴下は5本指ソックスを履く。

・体を冷やす冷たい飲み物は飲まないのが鉄則。珈琲を飲みたいのなら、黒焼き玄米茶、ダンテライオンやチコリの珈琲。外での飲食では氷が入った飲み物は断り、暖かい飲み物に換えてもらうことにしています。

・季節に合わせた食べ物を食べる。夏の野菜は摂らないようにする。体を温める食べ物を食べる。ネギ、生姜、大根、白菜など。

・朝は粉末生姜、梅肉エキスを入れた三年番茶を飲む。

・風呂は半身浴をし、湯船の中では軽くストレッチをします。

・湯たんぽが欠かせません。

・体を動かす。ただ、体の状態の悪いときはストレッチ、呼吸法だけでも違うそうです。人によるが、自分の体調と相談しながら一番いいやりかたをm(_ _)m。

・体を動かすといっても、調子がよさそうな時間帯を中心にして動くようにしています。午前中から午後4時くらいまでなら動けることが多いです。ただ、体の調子、天候、気温、用事次第で変わることがあります。大体の目安として午前中から午後4時くらいの間なら動けていることが多いということです。

以上、ささきさん個人の工夫でございます。