自分の人生を編集する~パーソナルカラーを受けに行く

今年の3月に、パーソナルカラーを受けに行きました、の感想レポートを何回か分けてBlogにアップします。

※感想レポートを加筆・修正しています。

(プロローグ):私がパーソナルカラーを受けに行こうとした理由。

40歳から本格的におめめどう的生き方&暮らしかたを取り入れた私。

自分の人生の主人公は自分なんですよね。

去年か一昨年くらいから聞いた言葉がありまして、

『自分の人生も編集である』と言う言葉。

「Kanaさん、自分のことや自分の特性をわかっていますね」と言われるだが、

実際のところ、今でも、自分のことはわかっていません。

今でも自分のきもちがわからない時もありますから(^_^;)。

40歳から決めているのが、

『自分の人生の主人公は自分』。

と言うことは、自分の人生も編集することの連続。

自分のことがわかる1つのツールとしてパーソナルカラーを受けようかと思っていました。

パーソナルカラーをじっくり受けようとネットで検索(パーソナルカラー、ウィンターを検索)したら、私の中でヒットしたのがひよひよ先生のBlogでした。

他のサロンも何か所か見ていたのだが、私の中ではしっくりいかなかったり、何か敷居が高くて行くのが…がありました。

早速、問い合わせをしメールでやりとりをしていたらベストカラーを勧められて予約しようとしたところ、私自身の体調が悪くなってそのまま…。

先生のブログは読んでいました。Blogの読者ですね。

今年2月下旬から左耳の調子が悪いので耳鼻咽喉科へ駆け込んだらメニエール病。

突発性難聴は一度治ったら再発はないとのことです。

「行くのは、今でしょ?」と言われているような感じで、今の自分と仲よくするために受けることにしました。

実は、1年先延ばしにしていました(^_^;)。

自分の持ち物を変えることが一番のパワスポと言われているのを知って、自分の持ち物を変えたくなりました。

※私自身はパワスポ巡りは自分の趣味の中には入りません。

使いたいべきところに使いたい。自分の持ち物って、自分の思いどおりにいく数少ないツール。自分の似合う色、柄を知るのは必須。

ただでさえ、私は誤解をされやすい人なので、誤解されやすさを減らすツールの1つとしてパーソナルカラー。

自分の外面と内面のミスマッチングぶりがひどいのもわかっているんだけど、どうしたいいのか?がわかりませんでした。

過去にネットでも診断をしても、ウィンターさん。

派手な色が似合うと言われ、小さい頃は、派手な色って嫌だぁと抵抗をしていました(苦笑)。

知らない間に長持ちしていたものの多くがウィンターさんが得意としている色や柄。

ビタミンカラー、アースカラー、パステルカラーは短命で終わるかお蔵入りしてゴミ箱へ処分するか、でした。

簡単だがパーソナルカラーを受けていました。ウィンターです。自分では納得していました。

似合わない色を見たら気持ち悪くなってしまい、40に入ると、若さと勢いで行けていたのが行けなくなってしまったのが大きいです。

私には、色や柄にまつわる謎がありました。書いたらキリがないのですが、代表的なものを挙げると、

・淡いパステルカラー、レースたっぷり、ふわっとしたもの、小さい水玉を着たら、ギャルと言われたり、会う人が私の姿をみて全員嫌な顔をしていた。

・カメリア色(椿)と黒の組み合わせで出かけたらオシャレですねと言われた。上下を逆にしても同じだった。一見派手そうな格好がオシャレと言われることが多かった。

・全身黒を着ていたら、身長が高くサバを読まれたことがある。ヒールを履いていても165㎝はいかないのに、「背が高いですね。165㎝はあるんですね」と言われたことがあった。ヒールなしでも身長を高く見られることがあった。フラットな靴を履いていても身長より背が高く見られることがある。

・ヘナ染めをしていて、写真を見たら髪の毛がオレンジ色に染まっている部分を見てギョッとした。

続く。

【今日のささきさん家:和暦では今日から2016年(睦月1日)】

和暦では、今日から2016年1月1日です。今日が睦月1日となります。

私自身、巻物カレンダー、手帳(和暦日々是好日)、G Shock(時計)ばかり使っています。

家には、7曜式カレンダーがあるのですが、ほとんど活用していない飾りとなっています。7曜式カレンダーを置いているのは、他のところに行ってもパニクったり(暴言をはくつもりはなかったけど)暴言を言ってしまわないためです。まあ、世間との取引上、7曜式カレンダーの見方を慣れておく必要があるので。※暴言とは、「巻物カレンダーを置かないんですか~?」です。

今日から手帳(和暦日々是好日)も新しくなりました。カバーも赤からネイビーに変えました。

和暦の方が自分のリズムに合っていることが多いです。

P1020988

※左が2015年度、右が2016年度の和暦日々是好日手帳。

P1020989

今日から使っていく和暦日々是好日手帳です。

ラク(途中省略)は鬼門と21世紀から逆に戻っていくわたくし…。

昨日までのだるさからある程度は回復してきました。

自分のご飯まで自動ドア、途中省略が多すぎると体調にも影響が出てきました。

合い言葉『ラクは鬼門!』を忘れないように。

ただ、体調がよほど悪いときは、手抜きでも何か口に入れることが大切なので、インスタントものに頼ることがあります。

自分ができることまでラクをすることが『鬼門!』なのでございます。途中省略、自動ドアがよけいに回り道だと言うこと。近道だと思ったら遠回りになってしまったり逆にいらんコストがついてしまったり、なんです。

自分の暮らしをおざなりにしないように、気をつけないとね(^_-)。

どうも今の方々とは、違うベクトルに行っているわたくし。

今年の夏、過度にクーラーを使いすぎないことにしています。電車やバスに乗っていたら、クーラーが効きすぎてストールを羽織っても車内は冷えを感じ、下車したら暑く感じて体が変化になれていかないことが増え始めています。クーラー(冷房)なしで夏を乗り切ることを考えています。

家でナリワイをしていたら、携帯電話を使うことがガクンと減っています。たまに外に出たときに連絡することがあるので格安スマホにしました。携帯電話なしで暮らせていけるかどうかやってみようかと。

タブレット(iPadミニ)に替えました。家の中では使っているのか?と言うたら使っていないことがある。ちょこっとした買い物に行っていても使っていない。

ICTを使って社会参加のはずが、アナログ&デジタル(クラシック&モダン)の鵺ミックスへと変わっています。FAXは必要なので家の電話はアナログじゃないんですよね。必要に応じている訳なのよ。

ダンナ氏にまた皮肉られそうな私の暮らし方です(^_^;)。

お疲れのときは、「たなおろし」をする。

梅雨の影響で、体がお疲れになっています(^_^;)。

こういうときは、「たなおろし」が一番よろしくて。

自分のモノの整理もありますし。

家しごとをした方がまだ体の崩れ方はマシですね。

梅雨が明けるまでは、だるさなどは続きます。

 

ダンナ氏からの一言:「自閉さん度下がったんじゃない?」

最近、ダンナ氏から「加奈さんの自閉さん度下がったんじゃない?」と言われました。

「えっ? 自閉さん度逆に上がっていますよ」と言ったわたくし。

自分の自閉さん度、右肩上がりに上がっています。

人間で酔っ払いまくるので自分の実家には戻るのは難しく、月に1回程度神戸市内(三ノ宮、元町周辺)に出るのが精一杯。家に戻ったらグッタリ疲れてしまって寝込んでいる時が増えています。

自分の中では、線引き&取引をしている訳でして。

二次障害、三次障害は出にくくなっているから、自閉さん度が下がっているように見えているだけ。

「暮らしっく」とブログタイトルにしているのは、自分の家しごとは昔の暮らし方を取り入れているから暮らしとクラシックを掛け合わせています。

保存食つくり(佃煮、即席漬け、塩豚、塩鶏、魚のグリル焼など)に勤しんだり、野菜を干したり(梅雨の時期は難しいので梅雨が明けてから)しています。

家しごとをしていたら、二次障害、三次障害でウワァ~となる回数は減っています。

あと、自分で選んでいるから。ひと手間ふた手間をかけることが好きだから。今の自分にとって途中省略は『鬼門』ですから。

どういう状況になろうが、人間生きている限り「自分とのかかわり」は減らないし、生活することは避けて通れない。生活することを楽しんじゃえ!に持って行った方がいいんです。

自閉さん度が下がったように見えるのは、何でもかんでも途中省略をしない、できることまで外注をしない、、ひと手間ふた手間かける暮らしをしているおかげで二次障害、三次障害の回数が減っていると言うことなのです。

上げ膳据え膳を求めることを手放したことも大きいですけど。

現代の方々とは、ベクトルが逆に行っているところがございますの。家しごとができていたら余計な不安になる必要がない。両手が使える、両足が使える、工夫する知恵力があって、家しごとをこなせたらどこへ行っても生き延びられそうな気がします。

今日最後の日なら、明日最後の日ですと言われることを想定していたら、家しごとをこなしたい時間が欲しいことを優先にしているいたずらに不安に陥る時間はないんですもの。

1日1日生きるだけ。しぶとく生きるだけですわ。