自分の人生を編集する~パーソナルカラーを受けに行く

今年の3月に、パーソナルカラーを受けに行きました、の感想レポートを何回か分けてBlogにアップします。

※感想レポートを加筆・修正しています。

(プロローグ):私がパーソナルカラーを受けに行こうとした理由。

40歳から本格的におめめどう的生き方&暮らしかたを取り入れた私。

自分の人生の主人公は自分なんですよね。

去年か一昨年くらいから聞いた言葉がありまして、

『自分の人生も編集である』と言う言葉。

「Kanaさん、自分のことや自分の特性をわかっていますね」と言われるだが、

実際のところ、今でも、自分のことはわかっていません。

今でも自分のきもちがわからない時もありますから(^_^;)。

40歳から決めているのが、

『自分の人生の主人公は自分』。

と言うことは、自分の人生も編集することの連続。

自分のことがわかる1つのツールとしてパーソナルカラーを受けようかと思っていました。

パーソナルカラーをじっくり受けようとネットで検索(パーソナルカラー、ウィンターを検索)したら、私の中でヒットしたのがひよひよ先生のBlogでした。

他のサロンも何か所か見ていたのだが、私の中ではしっくりいかなかったり、何か敷居が高くて行くのが…がありました。

早速、問い合わせをしメールでやりとりをしていたらベストカラーを勧められて予約しようとしたところ、私自身の体調が悪くなってそのまま…。

先生のブログは読んでいました。Blogの読者ですね。

今年2月下旬から左耳の調子が悪いので耳鼻咽喉科へ駆け込んだらメニエール病。

突発性難聴は一度治ったら再発はないとのことです。

「行くのは、今でしょ?」と言われているような感じで、今の自分と仲よくするために受けることにしました。

実は、1年先延ばしにしていました(^_^;)。

自分の持ち物を変えることが一番のパワスポと言われているのを知って、自分の持ち物を変えたくなりました。

※私自身はパワスポ巡りは自分の趣味の中には入りません。

使いたいべきところに使いたい。自分の持ち物って、自分の思いどおりにいく数少ないツール。自分の似合う色、柄を知るのは必須。

ただでさえ、私は誤解をされやすい人なので、誤解されやすさを減らすツールの1つとしてパーソナルカラー。

自分の外面と内面のミスマッチングぶりがひどいのもわかっているんだけど、どうしたいいのか?がわかりませんでした。

過去にネットでも診断をしても、ウィンターさん。

派手な色が似合うと言われ、小さい頃は、派手な色って嫌だぁと抵抗をしていました(苦笑)。

知らない間に長持ちしていたものの多くがウィンターさんが得意としている色や柄。

ビタミンカラー、アースカラー、パステルカラーは短命で終わるかお蔵入りしてゴミ箱へ処分するか、でした。

簡単だがパーソナルカラーを受けていました。ウィンターです。自分では納得していました。

似合わない色を見たら気持ち悪くなってしまい、40に入ると、若さと勢いで行けていたのが行けなくなってしまったのが大きいです。

私には、色や柄にまつわる謎がありました。書いたらキリがないのですが、代表的なものを挙げると、

・淡いパステルカラー、レースたっぷり、ふわっとしたもの、小さい水玉を着たら、ギャルと言われたり、会う人が私の姿をみて全員嫌な顔をしていた。

・カメリア色(椿)と黒の組み合わせで出かけたらオシャレですねと言われた。上下を逆にしても同じだった。一見派手そうな格好がオシャレと言われることが多かった。

・全身黒を着ていたら、身長が高くサバを読まれたことがある。ヒールを履いていても165㎝はいかないのに、「背が高いですね。165㎝はあるんですね」と言われたことがあった。ヒールなしでも身長を高く見られることがあった。フラットな靴を履いていても身長より背が高く見られることがある。

・ヘナ染めをしていて、写真を見たら髪の毛がオレンジ色に染まっている部分を見てギョッとした。

続く。

【今日のささきさん家2:今日の私のナリワイ】

午後からダンナ氏の大学の母校でお話をしてきます。

お話すると言ってもダンナ氏がメインなので、私は20分くらいしかお話ししません。

ふきだしpadには:

今日のナリワイ(2016.2.8)

メインはダンナ氏なので、私が話す時間は長くても20分です。

変更があるので15分くらいになることがあります。

「声を出して話をしてきます」

Kana

IMG_0281

以上のことを書いています。

今回のゲストスピーカー企画書を書いたのは私です。夫婦で3本企画書をダンナ氏の大学の母校に提出し、採用されたのが今日のゲストスピーカーです。OBであるダンナ氏をメインにするように書き直しをし、私が書いた企画書はたたき台として残りました。

IMG_0282

昼ご飯を食べて行って来ます。

【今日のささきさん家:ナリワイのお知らせ】

風邪は大分マシになってきました。まだまだ筆談することが多い私です。

ダウン中にいろいろお知らせがありまして。

「電子書籍で共同執筆しました」以外のお仕事(ナリワイ)関係のお知らせです。

明日(2016年2月8日)、ダンナ氏の母校(大学)でゲストスピーカー(講演)してきます。メインはダンナ氏です。私はほんのちょこっとお話しします。仕事なので、全部筆談ではなく『声』をだして話してきます。

年末に、夫婦揃ってジョイント出演した某DVDが届きました。まだ、某DVDを表に出せるのかどうかわかりませんが、一応、お知らせです。

【お仕事ネタ:講演の仕事の7割~8割は、ホニャララである】

お仕事ネタを書きます。

ただいま、11月29日の講演に向けていろいろと準備をしています。

講演以外にも家しごとがあったり、ダンナ氏のことなど同時に進めていることもあります。今の私としてはマルチタスクだらけで少しばかり疲れが強く出ています。かと言って優先順位が上になっている項目があります。どの部分を少々優先順位を下げて行ったらいいのか?をアナログであるカクノさん(万年筆)やデジタルを活用しないととんでもないことになってしまう場合があります。

タイトルに書いた「今回の講演の仕事の7割~8割は、『ホニャララ』である」の『ホニャララ』って何でしょうか?

答えは、『ザッツ・雑務』。

『ホニャララ』部分を変えたら、「今回の講演の仕事の7割~8割は、『ザッツ・雑務』である」、なのです。

皆様の前で出てお話しするのが「講演の仕事」ではありません。

レジュメ原稿作成、会場までの往復の交通&宿泊の手配、書籍販売の準備&手配、(公開できる範囲内での)申込者状況の確認、事前質問チェック、講演に向けて体調を整える、などなど。

【済んでいるorほぼ済んでいる状態】

・会場までの往復の交通&宿泊の手配。

・書籍販売の準備&手配はほぼ済んでいる状態(先方様がOKですよなら、『済』になる)。

・会場までの交通ルートの確認。

【済んでいるまで一押しが必要:大体50~60%済んでいる状態】

・レジュメ原稿作成(私のみ)

・事前質問の答えを考える。※すでに事前質問をいただいている場合のみ。

【行く直前or当日でないとわからないことetc.】

・自分の体調を整えることの継続。※当日まで続きます。

・最終的な事前質問の確認。※当日にならないとわからないことがあります。

・当日の参加者の数。※会場に行かないとわからない部分です。

以上。

いろいろな事務作業もありまして。

会場までの交通&宿泊の手配、書籍販売の準備手配は、講師の仕事になってしまう場合があります。会場までの交通&宿泊の手配は主催者(依頼者)が手配するところもあります。今回は、私たち夫婦で交通&宿泊の手配をしました。主催者に今回の講演の交通費&宿泊費はどれくらいかかるのか?を調べて、おおよそこれくらいかかりますという内容のメールを送りました。こう言うことをするのも『仕事の範囲内』です。

あと、講演が終わってからも仕事があります。「御礼メールを書く」と言う仕事で、事務作業ですよ。

講師の先生が事務作業をするの?って驚く人もいますが、『ザッツ・雑務』の中に事務作業をするという仕事が入っているのです。

寄稿などを含む著述も講師の仕事の中身はほぼ同じです。違うのは、「文章だけを書くこと」と「人前に出てお話をすること」くらいでしょう。

自分のレジュメ原稿作成を『済んでいる』に上げるようにします。

ではでは。

【ひとくぎり、その後】

出版契約書を見ながら、絶版だったらどうなるのか?を調べていました。

出版契約書ってわかりにくい(^_^;)

ホンマに絶版しているのかどうか?を見ようと、出版社のHPから拙著を検索したら、拙著が出てきてまだ注文できるとのこと。

息長く続いていることに「びっくりぽん!」。

http://www.php.co.jp/family/detail.php?id=79280

『購入する』のアイコンをクリックしたら、

http://www.php.co.jp/cart/?add[manabica][79280]=1

が、出てきます。

ホンマに『購入できません』だったら、トップ画像を変える必要があります。

今のところですが、ほんまにすみませんm(_ _)m。

 

 

ダンナ氏からの一言:「自閉さん度下がったんじゃない?」

最近、ダンナ氏から「加奈さんの自閉さん度下がったんじゃない?」と言われました。

「えっ? 自閉さん度逆に上がっていますよ」と言ったわたくし。

自分の自閉さん度、右肩上がりに上がっています。

人間で酔っ払いまくるので自分の実家には戻るのは難しく、月に1回程度神戸市内(三ノ宮、元町周辺)に出るのが精一杯。家に戻ったらグッタリ疲れてしまって寝込んでいる時が増えています。

自分の中では、線引き&取引をしている訳でして。

二次障害、三次障害は出にくくなっているから、自閉さん度が下がっているように見えているだけ。

「暮らしっく」とブログタイトルにしているのは、自分の家しごとは昔の暮らし方を取り入れているから暮らしとクラシックを掛け合わせています。

保存食つくり(佃煮、即席漬け、塩豚、塩鶏、魚のグリル焼など)に勤しんだり、野菜を干したり(梅雨の時期は難しいので梅雨が明けてから)しています。

家しごとをしていたら、二次障害、三次障害でウワァ~となる回数は減っています。

あと、自分で選んでいるから。ひと手間ふた手間をかけることが好きだから。今の自分にとって途中省略は『鬼門』ですから。

どういう状況になろうが、人間生きている限り「自分とのかかわり」は減らないし、生活することは避けて通れない。生活することを楽しんじゃえ!に持って行った方がいいんです。

自閉さん度が下がったように見えるのは、何でもかんでも途中省略をしない、できることまで外注をしない、、ひと手間ふた手間かける暮らしをしているおかげで二次障害、三次障害の回数が減っていると言うことなのです。

上げ膳据え膳を求めることを手放したことも大きいですけど。

現代の方々とは、ベクトルが逆に行っているところがございますの。家しごとができていたら余計な不安になる必要がない。両手が使える、両足が使える、工夫する知恵力があって、家しごとをこなせたらどこへ行っても生き延びられそうな気がします。

今日最後の日なら、明日最後の日ですと言われることを想定していたら、家しごとをこなしたい時間が欲しいことを優先にしているいたずらに不安に陥る時間はないんですもの。

1日1日生きるだけ。しぶとく生きるだけですわ。

ささきさんの冬の生活工夫。冬に欠かせないモノたち。

Facebookでアップしたのをブログで加筆修正しました。

なんか、今年、暖冬のはずだったような…(>_<)。

私の冬は重装備です。夏よりも冬の方が小物が多くなります。小物の割合が右肩上がりに上がっています。

今日からからコート、カシミア&ウールのカーディガン、セーターが初登場します。ウールのスカートも登場します。

すでにウールワンピース、レッグウォーマーは出しています。長いレッグウォーマーも本格的に活動します。

ワンピースですごしているわたくしが、冬はウールのスカートを着ることがあります。

ささきさんの冬のすごし方として、

体を冷やさないこと!に尽きます。手首、足首、首、頭を冷やさないようにと線維筋痛症さんの主治医から言われています。

・関節を冷やさないように。手首にはは手袋、足首にはレッグウォーマー、首にはマフラー&ストール&スカーフ、頭(髪の毛)には帽子をということです。

・タイツ、シルク入りストッキングは必須。人によっては、レギンスでもいいかと思います。

・靴下は5本指ソックスを履く。

・体を冷やす冷たい飲み物は飲まないのが鉄則。珈琲を飲みたいのなら、黒焼き玄米茶、ダンテライオンやチコリの珈琲。外での飲食では氷が入った飲み物は断り、暖かい飲み物に換えてもらうことにしています。

・季節に合わせた食べ物を食べる。夏の野菜は摂らないようにする。体を温める食べ物を食べる。ネギ、生姜、大根、白菜など。

・朝は粉末生姜、梅肉エキスを入れた三年番茶を飲む。

・風呂は半身浴をし、湯船の中では軽くストレッチをします。

・湯たんぽが欠かせません。

・体を動かす。ただ、体の状態の悪いときはストレッチ、呼吸法だけでも違うそうです。人によるが、自分の体調と相談しながら一番いいやりかたをm(_ _)m。

・体を動かすといっても、調子がよさそうな時間帯を中心にして動くようにしています。午前中から午後4時くらいまでなら動けることが多いです。ただ、体の調子、天候、気温、用事次第で変わることがあります。大体の目安として午前中から午後4時くらいの間なら動けていることが多いということです。

以上、ささきさん個人の工夫でございます。

参考にならない話なんだけど、体内時差ボケを戻す工夫アレコレ。

私の場合、日本国内でも体内時差ボケを起こしてしまいました。

パスポート、持っていません~。移動したのは同じ都道府県内のみ、なのに、自分の体の中で時差ボケを起こしてしまいます。

私の場合はありえることだと今の自閉さんの主治医は言っています。

自分の体内時差ボケの直し方となると、

・物のかたづけ、整理

・家の中の掃除

・古い服などをはさみで切って雑巾にすること

・野菜などの具材を刻む

など、自分の暮らしを整えることにしています。家の中で体を動かすことですわ。

どうしても動けない場合は、ひたすら寝ること!なんです。

人より動物になっているので、人が本来持っているようなモノを今でも維持しているのがわたくしなんですよ。

参考にならない話だけど、書いちゃいました。

以上。

自分のメンテナンスの見立て(見通し、構造化ともいう)。健康診断編。

きょうの婦人科での検診で、今年の地元での健康診断(まちぐるみ検診)が終了しました。

今年は節目の年(ただいま40歳です)なので、基本検診以外にも無料で受けることができる項目が多かったです。

今年受けた検診:

・基本検診

・胃部検診(胃がん)

・胸部検診(肺がんなど)

・肝炎

・大腸

・骨粗鬆症

・乳がん(マンモグラフィー)

・子宮がん

以上です。

検診受けるまでにやっておくこと:※私のところの場合です。他のところでは違う場合があります。参考程度で。

・日にちの予約。受けたい日にちを申込用紙に書いて郵送します。

・検診票などが自宅に着いたら確認をする。確認をしないと困るのが検査前日夜の食事時間が変わってしまうしまうこと。

・検診票に今の自分の健康状態、家族が何か病気があれば記入する。私の場合、手術も受けているし医療機関にかかっている。京都の実家様は持病ありだしがん患者である。わかる範囲なら親族も持病があったりがん患者だったら書いておく。書けなくても大丈夫。検診当日に「わからなくて書けなかったんですが、家族が持病があります」と言えば会場で書いてもらえます。

・自分の検診時間を覚えておく。食事の時間次第では検診が受けられないことがある。胃部検査は検査受ける14時間以上前までに済ませておくことがある。基本検診も検診時間が午前中なら午後9時までに食べておく。午後なら朝7時まで食べておくなど用紙に注意事項が書いてあるから、自分の検診時間を覚えておく必要があります。

・水分補給は検査時間の2時間前くらいまで。ただ、私みたいに持病がある人は自分の事情を検診時に説明すれば突っ込まれることはないです。毎年検診を受けているが、検査直前まで水分補給をしています。とはいってもほんの一口くらいで主治医からも体温調整が難しいから少量だがこまめに水分補給が必要ですと言えば、次からは水分補給の時間を守ってくださいと言われたことはなかった。

検診を受ける前の見立て(見通し、構造化)はここまでです。

続き(検診を受けるときのみたて)はあります。

では。

今日のささきさん家~地域の住民としてのお仕事をする

久しぶりに今日のささきさん家の更新。

昼間は夏みたいな暑さで、我が家の温度は、30℃近く行っています

体温調整が難しい私としては、服の素材が化繊のものをなるべく着ないようにしています。

今日は掃除当番の日でした。

地域の住民としてのお仕事の1つが「掃除当番」です。

※住んでいるところ、形態によっては掃除当番をすることがない場合もあります。が、必ず当たるのが自治会に入っていたら「自治会の役員」です。

結婚したら、実家の子どものままでは済まされない役割が増えて行きます。※一概には言い切れないのだが、大まかに。

・夫、妻
・婿、嫁
・地域の住民

子どもが生まれたら、親という役割も増えます。

ここから先は、結婚生活の意味を鵺夫人なりの言葉で書きますね。

結婚生活は、実家の子どもの延長戦でもないし、家庭内福祉事業でもありません。

就労しました。の先に結婚~。結婚生活って、養殖マグロちゃん維持する場所じゃないんですよね。他人とゼロから始まる長期間にわたる共同生活ですもの。パートナーって親のスペアじゃないんですよ。自分の美味しくないところを相手にいただいているんだから、相手の美味しくないところもいただきます。相手の美味しいところだけしかいただきません、が通用しないのが結婚生活じゃないのかなぁと思っています。好きだけではもたないし。どれだけ好きかというよりは、どこまで目をつぶれるか、ですね。→よく言われていることですよね?

結婚したい!と考えている人たちに、よーく考えようですよ。

大いにキツイこと書いちゃった。

ごきげんよう、さようなら。