一見、元気に見えますが。。。。。

線維筋痛症さんネタより。

朝、お目覚めはよかったのだが、ここ最近の寒さにやられて、体中の激痛に苦しみながら過ごしているわけでございます。精神的には辛くはないのですが、体力的には辛いことが多くて。

顔本(Facebook)上では、元気にしていますが。

現実はというと、ハッキリ言います。線維筋痛症さんの症状が悪化しています。今月の診察でも、主治医からは「この時期は、症状が悪化するのは当然です」と言われているので、想定内だと思っていました。

現実は、足の指、手の指の痛みが出始めています。特に足の指の痛みが強く出ていて、夜寝るのが辛い時もあります。

昨日は、あまりにも激痛がすごいので、本来やってはいけない禁じ手を使いまくりです。主治医に怒られても禁じ手を使わないとダメなくらいの激痛の連続です。禁じ手とは、バファリンとロキソニン同時服用です。

くだらねぇ冗談を言わないと、やってられねぇ状態が、去年から続いています。秋はまともと感じず、冬の寒さは半端じゃなく、京都の実家からも冬の間はこなくてええと言っているくらいです。

私の体予報では、今年の春は、いつもの春じゃないと出ています。

4月にリウマチ学会へもぐりに行く予定。今年は京都で開催されるので、実家帰りついでに宝ヶ池まで行くわけです。

線維筋痛症さんバージョンのトリセツ(取扱説明書)を本格的に書かないと大変だと言うことになりました。→先延ばしはダメだぞ~ということ。

ありがたいことに、ダンナ氏からは、自分の体を考えるようにと言われているので、助かっています。とはいえ、土曜日(2013年1月26日)、朝、3時にダンナ氏をwake-up call(モーニングコール)をしましたけどね。