今日のささきさん家~地域の住民としてのお仕事をする

久しぶりに今日のささきさん家の更新。

昼間は夏みたいな暑さで、我が家の温度は、30℃近く行っています

体温調整が難しい私としては、服の素材が化繊のものをなるべく着ないようにしています。

今日は掃除当番の日でした。

地域の住民としてのお仕事の1つが「掃除当番」です。

※住んでいるところ、形態によっては掃除当番をすることがない場合もあります。が、必ず当たるのが自治会に入っていたら「自治会の役員」です。

結婚したら、実家の子どものままでは済まされない役割が増えて行きます。※一概には言い切れないのだが、大まかに。

・夫、妻
・婿、嫁
・地域の住民

子どもが生まれたら、親という役割も増えます。

ここから先は、結婚生活の意味を鵺夫人なりの言葉で書きますね。

結婚生活は、実家の子どもの延長戦でもないし、家庭内福祉事業でもありません。

就労しました。の先に結婚~。結婚生活って、養殖マグロちゃん維持する場所じゃないんですよね。他人とゼロから始まる長期間にわたる共同生活ですもの。パートナーって親のスペアじゃないんですよ。自分の美味しくないところを相手にいただいているんだから、相手の美味しくないところもいただきます。相手の美味しいところだけしかいただきません、が通用しないのが結婚生活じゃないのかなぁと思っています。好きだけではもたないし。どれだけ好きかというよりは、どこまで目をつぶれるか、ですね。→よく言われていることですよね?

結婚したい!と考えている人たちに、よーく考えようですよ。

大いにキツイこと書いちゃった。

ごきげんよう、さようなら。