私たちの自閉さん白書~プロローグ

夫婦揃って自閉さんの我が家です。ダンナ氏と出会った時は、私は自閉さんと診断が下りていて、ダンナ氏は未診断で、結婚してから7ヶ月後に自閉さんと診断が下りました。

気ぃついたら今年の12月で三次元婚して10年(結婚10周年)に入ります。知らない間にオタ婚だったと言うことでした。

10年続くとは驚きだし、ダンナ氏に感謝ですm(_ _)m。我が家はダンナ氏の忍耐力でもっているお家です。

夫婦円満の秘訣(コツ)はあるんですか~?と聞かれても、私は「ありません」と答えます。この“ありません”は正解は1つだとありませんという意味で、「ありません」なのです。

我が家は、他のお家から見たら邪道流でやっています。えっ、こんなことまでするんですか~の連続です。

どこまで邪道流かと言うたら、

・部分的夫婦別居生活。

「僕の余暇活動は、1人になること」と堂々と公言して憚らないダンナ氏に尊重する。

・必要以上の声かけはしない。

・主語抜き会話はなるべくしない。

・文字上でやりとりをする。FacebookのDMなど。

・ICTをつかって夫婦ゲンカ(?)までする。

・我が家流「合理的配慮」がある。

などなど、挙げたらキリがないくらいです。

自閉さんの特性を考えたら、見えないモノを見える形にすることが多いだけなのだ。

「不通(通じません)」が「普通(当たり前)」のお家が我が家です。不通から始まることだらけなので、ひと手間、ふた手間かかるのが当たり前だと気ぃついて。

あくまでも、ささきさん家の場合なので、参考になるかどうかわかりませんがよろしくお願いしますm(_ _)m。