【結局は…】

あの件のホニャララ事件(事件と言いたいくらいのこと)のその後です。

今でも頭痛はするし、食欲は戻っていると言い切れないし、だるさ、疲れも出ていて、やる気も減っている。件のホニャララを聴くだけで気分が悪くなってしまう。

結局は、私自身は『泣き寝入りをするしかない』です。ダンナ氏は分かりません。→私自身が疲れているので聴き取り理解能力ガクンと落ちている中では自分の分しか理解できない状態です。

自閉さんじゃないASD(急性ストレス性障害)の症状は認められるが、件のホニャララと因果関係が立証になる可能性は難しく、フラフラ状態で使ったとあるツールも因果関係の有力な証拠にはならず、ショックでしたね。

私自身、全く覚えていないのだが、ダンナ氏が書いた記録によると、

『妻は解離性障害になっていると書いています。』

書ける範囲内で書くと、(私自身が)自分の家すら分からなくなって、「ここは自分の家じゃない。(自分の)家に帰る」と言ってとある物だけ持って急に家を飛び出した。その時の妻の記憶はなくなっていた。5分後に記憶が戻ったetc.

「件のホニャララのことは忘れましょう。前に進みましょう」と言われても、今の私の状態では『自分が徘徊してしまう状態』でとても辛い。

怒りの感情、涙の感情などあらゆる感情もなくしました。あまりにも辛いので辛さをなくすと同時に感情も記憶もみんな蓋をしましたと言った方がいいでしょうね。

私自身ひとりで鞆の浦へ2泊3日くらい行くことにしました。精神科の病棟に入院するよりはマシですから。一段落落ち着いたら鞆の浦で転地療養する予定です。2泊3日鞆の浦に使う方が安いので。

今の状態で前に進むのはとてもしんどい。

自分が力をつけていく上でやることリストを書きます。

・身なりは小綺麗にする。自分を大切にする上で。

・できる限り自分のご飯は自分でつくるようにする。食欲が落ちている状態の中で台所に立つ時間が減っている。

・どんな立場の人であろうと、態度はコロコロ&露骨に変えたりしないように心がける。あの件のホニャララで一番にやられてしまったことです。どんな立場の人でも、人や立場によって態度を変える姿を嫌ほど見せつけられたホニャララ事件ですから。

・耳目の学などの勉強をして力をつけること。今回、自分らの力のなさを見せつけられたから。

・これからの人たち&新しい人たちを大切にする。モラハラの原因の1つが『どや顔貯金のなさ』から来ているから。

立ち直る(回復する)には相当時間がかかるかと思います。今の状態では、無理にしてテンションを上げることは難しいです。多分、書き終えたらグッタリするだろうなぁ(汗)。

最後に、「忘れましょう。前向きに」は自分の体&こころにはものすごい負担がかかる今の私ですので、ある程度整理がつくまでは「心遣いはありがたいですが、ごめんなさいm(_ _)m」。

以上です。