ダンナ氏に衣替えのタイミングを聞く。

我が家は音声言語だけでやりとりをしたら、見事に必ずどこかでしくじる家です。

ここぞ!と言う場面では、音声言語(話し言葉日本語)だけでやりとりをしたら、あとでしまった!になってきもちがモヤモヤ・イライラしてしまうことがあります。

言ったか? 言わなかったか?論争にもなってしまうこともあるくらいの我が家。

ダンナ氏の衣替えのタイミングも、書き言葉日本語にしてみました。


※おめめどうのふきだしpadを使用。インクは色彩雫の紺碧。

ダンナ氏からは、


今回は、おめめどうの○×メモを使って聞きました。

衣替えは、今はしなくていいと。


ただ、衣替えをしないのは、帰宅が夜遅くなる仕事の時だけ。

家にいる時や休日は半袖になっています。

ちなみに、私の衣替えですが、

基本はありません。

暑くなったら1枚ずつ脱いでいき、

寒くなったら1枚ずつ足して行く。

羽織りものやストールを使うことがありますから。

衣替えをするのは、冬用の掛け布団、毛布、冬のコートくらいです。

線維筋痛症さんになってから、衣替えがしんどくなりました(^_^;)。