今日のささきさん家~やはり、でした(>_<)。

サブタイトルの「やはり、でした(>_<)」は、

2月下旬から耳が聞えにくくなって、声も出にくくなっていました。

3月9日の自閉さんの診察日のノートによると、

いろいろなストレス(心のストレス)から、耳・声などに症状が出ている状態。

心のストレス→耳のきこえ、声に影響。

・ストレスが減る環境が整えば、よくなってきます。

・その間の互いの負担を減らすために筆談は有効。

と自閉さんの主治医がノートに書いていました。

今日の診察で、先週の火曜日午後から声が全く出なくなってしまい、いまの状態を主治医に書いてもらいました。

〈今の状態の説明〉

・コミュニケーションの障害。(聴覚理解が落ちている。発話が落ちている)。⇒筆記(視覚理解)で補助。ICレコーダー、パソコンで補助。

・ストレスから失声症。

主治医から提案されたのが、

【話す必要性を3段階にわける】

①どうしても話さないといけない場・人

②小声でいいorレコーダー、パソコンを使っていい場・人

③話さなくていい人・場

以上です。

去年の7月から今年の3月、8ヶ月間、強度のストレスになっていました。

線維筋痛症さんの主治医からは、10月の診察から強度のストレスが出ていると言われました。

ただ、神鉄粟生線ブログ駅長のお仕事にはほとんど影響がないんですよ。ブログということで写真を撮って文字を書いていくので「声を出して話をする負担」は少しはあるが負担はさほどかけません。

強度のストレスで、自分の声が出なくなってしまったと言うことですわ。

最近のささきさん家~声が出ないために人との意思疎通が…。

今週の火曜日の午後からグッタリ疲れて、めまいが止まらず、頭痛も出て、耳が痛くて(特に左耳が痛い)、声は聞えるのだが、意味はわからなくなり、声が出なくなりました。

去年の7月から8ヶ月間強度のストレスにさらされていると言われまくった私。

強度のストレスなどが重なって声が出なくなったと言うことですわ。

声が出ても聞き取れるかどうかの小声、しゃがれた声が続いています。声を出すだけでも出し終えたら息がゼェゼェになってグッタリ疲れてしまいます。

やっと、落ち着き始めた頃に、起きてしまった…(T_T)。

ASDの主治医からは

「まずは話さないといけない環境を避けて休むこと。1人で過ごす」と書かれてしまいました。

続けて、

「ダンナ氏とのやりとりなど大丈夫なことだけ、しばらくする。

地域関連のことで大丈夫なら参加。

毎年8月の東への旅は休む」と書かれました。

家族でもこんな調子ですから、人との意思疎通がとることが難しい。

6月下旬まで様子見ますが、元通りの声が出ていないとご当地土産だけ旅立たせることにします。

声が出ることは当たり前じゃなかったんだ。

ただ、神鉄粟生線ブログ駅長のおしごとには影響は出にくいです。音声を使わず、文字&写真を使ってブログを更新して行きますから。

では。

【今日のささきさん家2:今日の私のナリワイ】

午後からダンナ氏の大学の母校でお話をしてきます。

お話すると言ってもダンナ氏がメインなので、私は20分くらいしかお話ししません。

ふきだしpadには:

今日のナリワイ(2016.2.8)

メインはダンナ氏なので、私が話す時間は長くても20分です。

変更があるので15分くらいになることがあります。

「声を出して話をしてきます」

Kana

IMG_0281

以上のことを書いています。

今回のゲストスピーカー企画書を書いたのは私です。夫婦で3本企画書をダンナ氏の大学の母校に提出し、採用されたのが今日のゲストスピーカーです。OBであるダンナ氏をメインにするように書き直しをし、私が書いた企画書はたたき台として残りました。

IMG_0282

昼ご飯を食べて行って来ます。

【今日のささきさん家:和暦では今日から2016年(睦月1日)】

和暦では、今日から2016年1月1日です。今日が睦月1日となります。

私自身、巻物カレンダー、手帳(和暦日々是好日)、G Shock(時計)ばかり使っています。

家には、7曜式カレンダーがあるのですが、ほとんど活用していない飾りとなっています。7曜式カレンダーを置いているのは、他のところに行ってもパニクったり(暴言をはくつもりはなかったけど)暴言を言ってしまわないためです。まあ、世間との取引上、7曜式カレンダーの見方を慣れておく必要があるので。※暴言とは、「巻物カレンダーを置かないんですか~?」です。

今日から手帳(和暦日々是好日)も新しくなりました。カバーも赤からネイビーに変えました。

和暦の方が自分のリズムに合っていることが多いです。

P1020988

※左が2015年度、右が2016年度の和暦日々是好日手帳。

P1020989

今日から使っていく和暦日々是好日手帳です。

【今日のささきさん家:ナリワイのお知らせ】

風邪は大分マシになってきました。まだまだ筆談することが多い私です。

ダウン中にいろいろお知らせがありまして。

「電子書籍で共同執筆しました」以外のお仕事(ナリワイ)関係のお知らせです。

明日(2016年2月8日)、ダンナ氏の母校(大学)でゲストスピーカー(講演)してきます。メインはダンナ氏です。私はほんのちょこっとお話しします。仕事なので、全部筆談ではなく『声』をだして話してきます。

年末に、夫婦揃ってジョイント出演した某DVDが届きました。まだ、某DVDを表に出せるのかどうかわかりませんが、一応、お知らせです。

【ブログ更新】辛い時でもしんどい時でも失意のどん底にあっても、ありがたかったもの。

色々なことが重なった影響で、風邪をひいてしまいました(>_<)。

まだ、声が出にくいときがあります。話すことがしんどくて筆談になってしまうときもあります。

辛い時、しんどい時、失意のどん底にあってもありがたかったものがあります。

心と体がボキバキになってもコレというものがあれば生きていけるということでした。

やはり乗り物が好きなんだぁ。しんちゃん&てつくんが好きなんだなぁ。

生きること=書くことなんだとまたまた実感する私です。

 

しばらくは筆談中心になります。

声が出にくくなってしまいました。声は出るようになって来たのだが、話し終えるとグッタリすることが多いです。

パニックの後に、感情・喜怒哀楽をなくしてしまって。今でも嬉しいやら、悲しいやらの感情がわからなく、涙すら出てきません。

自閉さんの主治医からは「人間としての反応として自分を守るために感情や喜怒哀楽をなくしてしまう」とのことです。

まだ、筆談をしている方が、双方にとって安心、安全という感覚があるのです。自分の頭のフィルターを通すことになるので、これ以上ややこしくなることは少ないです。

万年筆やデスクペンがあるからこれ以上精神的に崩れることはなく。

自然に話せるようになるまで待ちましょうと自閉さんの主治医から言われています。

しばらくは、仕事以外は筆談での会話が中心になるかと思います。

いい話を書きたいのに、書けない。ゴメンm(_ _)m。

今日から再開。

今日から再開しました。

色々ありすぎて疲れなどが出ていることがあります。

今回のホニャララ(あわやダンナ氏が急死する事件に関すること。書きたくないので『ホニャララ』にします)は、自分のどや顔貯金のなさ(低さ)から来る不具合がダンナ氏に出てしまったこととしか書きたくありません。書くことすらアホらしすぎて書きたくないだけ。

一番の薬は、時間、気心が知れた人たち、家しごと、自分とのかかわりです。

とことん、今ある自分の物と向き合い、そぎ落とせる物はそぎ落とす作業の繰り返しが一番の回復だなと。

以上です。

【お仕事ネタ:講演の仕事の7割~8割は、ホニャララである】

お仕事ネタを書きます。

ただいま、11月29日の講演に向けていろいろと準備をしています。

講演以外にも家しごとがあったり、ダンナ氏のことなど同時に進めていることもあります。今の私としてはマルチタスクだらけで少しばかり疲れが強く出ています。かと言って優先順位が上になっている項目があります。どの部分を少々優先順位を下げて行ったらいいのか?をアナログであるカクノさん(万年筆)やデジタルを活用しないととんでもないことになってしまう場合があります。

タイトルに書いた「今回の講演の仕事の7割~8割は、『ホニャララ』である」の『ホニャララ』って何でしょうか?

答えは、『ザッツ・雑務』。

『ホニャララ』部分を変えたら、「今回の講演の仕事の7割~8割は、『ザッツ・雑務』である」、なのです。

皆様の前で出てお話しするのが「講演の仕事」ではありません。

レジュメ原稿作成、会場までの往復の交通&宿泊の手配、書籍販売の準備&手配、(公開できる範囲内での)申込者状況の確認、事前質問チェック、講演に向けて体調を整える、などなど。

【済んでいるorほぼ済んでいる状態】

・会場までの往復の交通&宿泊の手配。

・書籍販売の準備&手配はほぼ済んでいる状態(先方様がOKですよなら、『済』になる)。

・会場までの交通ルートの確認。

【済んでいるまで一押しが必要:大体50~60%済んでいる状態】

・レジュメ原稿作成(私のみ)

・事前質問の答えを考える。※すでに事前質問をいただいている場合のみ。

【行く直前or当日でないとわからないことetc.】

・自分の体調を整えることの継続。※当日まで続きます。

・最終的な事前質問の確認。※当日にならないとわからないことがあります。

・当日の参加者の数。※会場に行かないとわからない部分です。

以上。

いろいろな事務作業もありまして。

会場までの交通&宿泊の手配、書籍販売の準備手配は、講師の仕事になってしまう場合があります。会場までの交通&宿泊の手配は主催者(依頼者)が手配するところもあります。今回は、私たち夫婦で交通&宿泊の手配をしました。主催者に今回の講演の交通費&宿泊費はどれくらいかかるのか?を調べて、おおよそこれくらいかかりますという内容のメールを送りました。こう言うことをするのも『仕事の範囲内』です。

あと、講演が終わってからも仕事があります。「御礼メールを書く」と言う仕事で、事務作業ですよ。

講師の先生が事務作業をするの?って驚く人もいますが、『ザッツ・雑務』の中に事務作業をするという仕事が入っているのです。

寄稿などを含む著述も講師の仕事の中身はほぼ同じです。違うのは、「文章だけを書くこと」と「人前に出てお話をすること」くらいでしょう。

自分のレジュメ原稿作成を『済んでいる』に上げるようにします。

ではでは。

新たなカテゴリーを追加。失職男子の始まり&十一転び十二起きでハハハで開き直るしかない。

今日から新しいカテゴリーを追加しました。

『失職男子~40のハローワークはシビアだぜっ』です。

朝から僕の鬱の症状はひどかった。妻から呼びかけられても頭がボケッとして返事すらできなくなってしまった。そこまで思考低下してしまったみたいだ。妻と話をするのがしんどくなってしまっている。

今の僕の状態だと40のハローワーク顛末記は書けないので、妻の語りで書くことにしよう。

まずは、失職男子の誕生である。

ことの始まりは、僕の最大級の余暇活動であるひとり旅から始まっている。一度目の失職からさかのぼろう。

2014年11月から始まっていた。本格的な転職活動は12月入ってから。今年の1月上旬の間、僕は自分の年齢の数以上の会社(47社くらい)に応募したが、90%は書類審査で落とされた。残りの10%(5社)は1次面接までこぎつけた。が、面接は1次止まり。どこにも本決まり(採用)はなかった。

続く。

ダンナ氏の二度目の失職男子になってから4ヶ月は経つ。

ここまで弱ってしまったダンナ氏。

私も一緒に落ち込んだら即夫婦共倒れ。

ここまで来たら、ハハハでとことん開き直るしかないのでございますのよ。ハハハ。

辛くても生活は休憩はないし、休みはない。待ったなしなのであります。

家しごとは待ってはくれないのです。特に、「食べること」と「寝ること」は待ってはくれない。洗濯しなくても、お風呂入ることができなくても、服を着替えなくても、掃除できなくても1日くらいサボっても影響は出ないのだが、「食べること」と「寝ること」は見事にサボったら影響が出てしまいます。

私は十一転び十二起きでハハハって開き直ります。

家しごと、オタク、頭のおかしさ(正体不明の生き物=鵺)で生きのびます。

ダンナ氏を死なせてたまるか~、ハハハ。

鵺夫人、天下一の悪妻、鬼嫁として開き直って、一期一会、一日一生で生きるだけです。ハハハ。